努力の位置付けと意味

努力の位置付けと意味

 

『努力』っていろいろな考え方があって

捉え方があって、位置付けが人それぞれ違う。

 

 

私の場合は「努力=生きる基盤」とおもっているから

 

人間が息を吸ったり、食べ物食べたり眠ったりと

同じくらい、生きる限りは最低限ひつような

『項目』に入るとおもってる。

 

 

 

『努力』ってみんな好きなものではなくって

生きている毎日のなかで

 

『食べるの面倒…』

『眠るの上手くいかない…』

なんて必要最低限の事柄にも

億劫に感じることってあるとおもう

 

 

だけど、食べることに美味しいと感じたり

眠ることに幸福を感じる『ご褒美』的な

感覚があるように

 

『努力』にも『良くなる・成功』の秘訣のような

ご褒美がある。

 

けど、食べた瞬間に美味しい

眠ったあとにスッキリって

 

すぐのご褒美感覚がないから

余計に

サボりたくなるし

面倒に感じやすいのかとおもう

 

 

だけど、ずっと食べない

ずっと眠らないと同じ様に

 

 

ずっと努力しない

 

だと、どこかで負担がかかってしまって

おかしげなことに発展してしまうもの。

 

 

努力にすぐの成果をもとめたら

モチベーションは下がると知ってください

 

 

それよりも、息を吐いて吸って…って

なにもご褒美ないじゃないですか。

 

それと同じ様に

『努力し続けて良くなるもの』

 

生きる中で呼吸とおなじくらい必要最低限な

パーツだとおもってほしいのです。

 

 

何に努力するか?

愚問です(笑)

 

 

何のために呼吸をする?

どんな呼吸をしたらいいのか?

 

アナタが知っているはずだからです!

 

 

アッシュピンクバンビ

 

error: