【病気だったの?最初の治療】

【病気だったの?最初の治療】

 

ずっと前置きです(*^▽^*)

 

***読む前にご注意***

このコラムは同じ病気の方が読まれて勇気や元気になるため

手術を受ける方へのお役立ち情報のために記載します

またはこれから起こる方が、いつか検索ヒットして古くなった

情報になるかもしれませんが少しでも安心感が増えるように書きます

病気ごとで重たい文面にならないように気持ちが明るくなる意味を

込めて面白くおかしく表現します、自分本来の素のキャラで

発言しますから不快な方は読まれないでください。

婦人科系の話題や出血など繊細な部分も書いているので不快な方もご遠慮ください

ナーバスなことだから明るく笑い飛ばしたい考えなので

『THE一般とはこうあるべき』みたいな方も読まれない方がいいと思います

内容は婦人科系の表現やディープな部分にも触れますから

『THE女性がこんなこと言うべきじゃない』の方も読まれない方がいいと思います(;^_^A

自分の記述なので出産して良かったことも遠慮なく書きます

『お子さんいらっしゃらない方への配慮がない』とかおっしゃる方もご遠慮ください

ご意見・感想は不要ですし、論争するつもりもありませんから

私の実体験が情報を必要とする人へ届くよう好きなように書かせてくださいね

 

 

***コラムのいきさつ***

婦人科系だからこそネットに記載している人はとても少なかったです

少ない情報分母の中で、つつみ隠さず個人のブログで細かく書かれていた方の表記が

すごく重宝しました!全く解らない世界のイメージもついて安心できたし

手術を受けてよかったのか?その後の結果や気持ちはどうか?手術を一人で受けた方のページは

文面から勇気を持てましたし他の方ページ含め『情報を知って』選択がしやすくなりました

恩返しのためにバトンタッチの意味をこめて、自分の体験が役立てたら本当に嬉しいからまとめてみます♪

同じ病気の方、これからそうなってしまう方が早く解決して元気になりますように!

 

 

↓ ここからはじまります

 

 

 

 

 

 

『生理をなくす時代がきた』と言われている

 

個人的に大賛成!

学生のときから生理は重い方でしたから。

立っても座ってもいられない状態を毎月ってしんどかったですね。

痛み止めとかもらえるお家じゃなかったし。

 

あの激痛を学生のときずっと薬なしで耐えてたんだっておもうと

今の手術より可哀そうです。

 

そして日本の『性教育の遅れ』これもやばいとおもいます。

 

ツイートとかみたら、30代40代の男性が生理の仕組みもしらないとか。

生理がどんなに苦痛なのか?知る機会が無いから当然。

 

4コマまんがで、男性が生理に毎月なる生き物だったら

みたいなのがあったけど、わかりやすくて笑えました。

 

女性ってマルチタスクで、生理の痛みも出産の予行演習だとおもえるし

男性を育てるのも子育ての予行演習だと思ってます。

 

必然と耐えれるから女性にそんな仕組みになってるとおもうけども。

 

文明は発展してるんだから

痛みとか不要なら廃棄していいんじゃない?

 

『無痛分娩』みたいな感じ。

『生理も無し』みたいな選択いいね。

 

今の時代でも男性が無痛分娩反対派とかいるそうでΣ(・ω・ノ)ノ!

 

そんな提言してますが、私も無知の一派でございまして。

 

『子宮筋腫』は知っていたもののれっきとした《病気》とは認識なく

健康保険が適応するとも知らなかった。

 

@発見の遅れと検査病院の怠慢

 

毎年、秋にブログで《乳がん検診・子宮頸がん検診》の呼びかけしてました。

もちろん私も行ってましたし。

 

福山のK病院(婦人科)は予約無しで待ち時間ないから~

と検査を受けていたのが問題でした。

(先月、そんな噂をしたら元々評判よくなかったそうです)

 

大阪にきて、生理の不具合酷くなってかかった病院に行くまで

6センチの筋腫は知らなかったんです(-_-;)

 

大阪のレディースクリニックの先生が

『本当に毎年検査して6センチの筋腫知らなかったの?』って

ビックリされていました。

 

検査くらいは…名医じゃなくてもいいだろうと思ってましたが。

実体験で、病院は検査でも選んだ方がいいです。

 

人気でちゃんとした先生にみてもらってください。

 

あまりにも小さい筋腫はあっても言わないドクターがいるそうですが

6センチはさすがに無いねとのこと。

 

去ったことは肯定するしかありませんので

これで結果オーライなのかも。

 

癌じゃないから、たとえ筋腫の3センチくらいから解っても

経過観察だったし

 

もし、福山の粗悪な先生に『手術しましょう』とか言われてたら

逆に大問題起こしてたかもなので

 

これが一番よい結果と思っています。

 

大阪でレディースクリニック見つけなきゃなーと思っている内に

急に出血量が多くなったんですよね。

 

年々、多くなってきていたので筋腫のせいだったみたい。

 

『生理が重くて』と、プラスがん検診や病気の検査。

 

大阪のレディースクリニックの先生は最初の問診のとき

『我慢できない感じ?』って言ってたのに

 

6センチの筋腫みたとたんに

『これはしんどいね』

 

と、対応方法をいろいろ説明し始めてくれました。

 

筋腫によって生理が重いのをどうにかする方法に

《保険適応である》というのが驚いた!

 

説明中に『保険もきくしね』というワードで

 

おもわず『保険きくんですか?』って聞き返したら

 

『れっきとした病気ですよ』って女医さんに言われた。

 

・・・お、病気なんだ

 

(;´・ω・)

 

女性特有の痛みって我慢あるのみ・・・っていう時代は

すっかり終わっているけど、昭和に生まれた女やけん(笑)

固定概念が、そうなってる。

 

筋腫じゃなくても生理痛でお困りの方にも朗報

 

私の選んだ最初の一手

 

****************************

《ミレーナ》※下記説明抜粋

 

 黄体ホルモンを子宮内に直接放出するシステム

 2007年に避妊薬として国内で承認

 長期避妊目的で用いられていましたが

近年、過多月経や生理痛等に対して非常に有効な治療法として注目

****************************

 

ということで筋腫で経過をみる間に

出血量を軽減させたり試みるそうです。

 

この方法を取り入れた。

 

最初の数か月は効き目ばっちり。

副作用はあったけど、手術前のホルモン治療に比べたら蟻程度。

 

体って不思議で、こんな一手にライバル心を燃やしたか?

私の筋腫は一気に2センチ伸びて見せた!

私の細胞ですから負けず嫌いですね

 

『ミレーナ』は、もっと認知度が上がっていいのでは?と思いました。

そういう婦人科系の情報ってほんっとに上がってこないよね。

 

ってか数年前から知っていれば、試みてたし!

知らないってすごく損だとおもいます。

 

ぜひ、筋腫じゃなくても生理が重い方は

婦人科でご相談されてみては?

 

もしかしたら先生にも『新しい医療アンチ』っているから

『そういうのはやめた方がいい』という古タイプもいるとおもう。

 

前項のコラムでも書いたけど

『自分に合うドクターと病院を探す』これが大事です。

 

どうやって探す?

極論いろんなとこ行ってみるしかないですよね

合わなくて私も嫌な言葉をドクターからいただきましたけど

それがあって、合う先生は『ピン』ときますから

 

一人で考えているよりは毎月、どこかの病院に行って試してみるとか

話を聞いてみるのも良いとおもいます!

 

自分の考えや方向性に合う病院がみつかるといいね☆

 

ミレーナにも多少の副作用があって

最初は、なんだかんだいってた記憶あるんですが

もう・・・ホルモン治療や手術の記憶が塗り替えてしまって

すっかり忘れてしまってますw

 

ミレーナは基本、数年保ってくれます。

私の場合は筋腫がライバル心を燃やしたので

ミレーナは位置がずれる(筋腫が大きくなり配置が理想通りにならなくなった)

ために効き目がなくなりました。

 

そうそう!ピルは時代とともに全盛期ではなくなってきているそうです

15年?10年?前にはピル飲めて生理の重さは軽減してましたが

数年前に再度ためしたら体質が変わっていて

どのタイプのピルも(複数の薬剤種類がある)合わなくて

『血栓できそうな浮腫み』がすぐに現れるので飲めませんでした。

 

きっと、ミレーナ以外でも今の医療は

いろんなのが開発されているから、新しいクリニックに行ってみるといいです。

 

ちなみに、生理が重くてのミレーナ処置も『保険適応』だそうです

けっこうお値段します。

 

『我慢と無縁の時代』に生きているんですから

すぐに楽になる解決したほうがいいです。

もったいないw

 

さて、このミレーナが効かなくなって

1か月の内3週間、MAXの量の出血が続くようになって

出血してない日の方が少ないわけで

貧血がはじまり、貧血による肩こり、肩こりと血流滞りによる頭痛

連鎖が始まりました!

 

嬉しくない連鎖です(◎_◎;)

 

次にレディースクリニックで試した対応・・・

 

リュープリン注射

(一般名:リュープロレリン酢酸塩注射用)

 

女性ホルモンを抑制するホルモン治療です。

 

これは友人から『つらいよ』って聞いていたので覚悟で打ちました。

 

いろいろタイプあるとおもいますが

リュープリン注射は、一回おなかに注射すると1か月効果を持続します。

 

ピルみたいな錠剤は飲み忘れで効果が薄くなったりするリスクあるから

面倒な方や、ちゃんと効果維持させたい方は注射らしい。

 

逆にいうと合わないとき辞められないので

(一回打つと体内に薬剤が一か月留まるから)

副作用がでたときは大変。

 

これが・・・ミスチョイスでした(笑)

 

ネットで調べても、リュープリン注射って

@子宮がんの方

@前立腺がんの方

 

と記載がある・・・

 

あんまり調べずにレディースクリニックの処方で

YESと頷いてしまった。(承諾)

 

直後はミスったとおもったけど

長い目でみたら、このリュープリン注射のおかげで

その後のホルモン治療を弱めに選択できた。

 

早いうち(体がまだ大丈夫なうち)にいろいろ実験して

どんな副作用があるのか?自分に効果的なものはどれか?

調べるのも賢いとおもう。

 

何がいけなかったのか?

 

レディースクリニックは駅前で

リュープリン注射を打った直後に駅のトイレにいったら

いきなり出血が強くなり止まらなくなってトイレからでれなくなった。

 

たしか。。。記憶が正しいなら

リュープリン注射は生理がきたら打つので

生理ははじまっていたから出血を元々していたけど

 

腕や足をバスッって切ったくらいの血の出方。

 

トイレから出れない・・・

 

さすがに泣きたくなりました。

 

一時的に出血は増えると聞いていたので

どうやって帰ろうか?くらいを心配。

 

少し出血が収まらないと家までの道中で

『刃物で刺された人』と通報があってはいけない(笑)

 

ひとまず気を取り直して

携帯のネットニュースみて出血が収まるまで待ちました。

 

この初日の登竜門をくぐってからも大変で

副作用で起きれなくなる更年期症状に当てはまるとおもうんですけど

あまりにも酷くて

 

吐き気、腹痛、とにかく起きれない…そして出血

これが一か月続いて悩んだ末

 

リュープリン注射は続けないと出血止まらないので

何も改善しないまま、翌月の注射日を迎えて

レディースクリニックの先生に『継続しない旨』を伝えました。

 

このあたりから、MRIとりましょう

手術検討してみましょうという段階に運ぶ。

 

手術のスーパードクター曰く

(いろいろな考え方の先生いるから一概ではない)

 

リュープリン注射は手術を決めて逆算して使うものだから

出血を抑えるものだけの目的では使わない。

とのこと。

 

何事も経験なので加点にしておこう。

逆に無理して続けなくてよかった。

 

リュープリンもレルミナ(最後のホルモン治療)も

半年以上続けられないはず。

骨や他に支障をきたすので半年以上の処方ができない。

 

(レルミナや更年期障害でつらかった記載は他のコラムで)

 

やみくもに使わず、いろいろ病院巡ってから

リュープリンなどホルモン治療は決めた方がいい。

 

error: