【手術後の知らない世界】【個室か大部屋か】

【手術後の知らない世界】【個室か大部屋か】

 

手術後の流れです(*^▽^*)

 

***読む前にご注意***

このコラムは同じ病気の方が読まれて勇気や元気になるため

手術を受ける方へのお役立ち情報のために記載します

またはこれから起こる方が、いつか検索ヒットして古くなった

情報になるかもしれませんが少しでも安心感が増えるように書きます

病気ごとで重たい文面にならないように気持ちが明るくなる意味を

込めて面白くおかしく表現します、自分本来の素のキャラで

発言しますから不快な方は読まれないでください。

ナーバスなことだから明るく笑い飛ばしたい考えなので

『THE一般とはこうあるべき』みたいな方も読まれない方がいいと思います

内容は婦人科系の表現やディープな部分にも触れますから

『THE女性がこんなこと言うべきじゃない』の方も読まれない方がいいと思います(;^_^A

自分の記述なので出産して良かったことも遠慮なく書きます

『お子さんいらっしゃらない方への配慮がない』とかおっしゃる方もご遠慮ください

ご意見・感想は不要ですし、論争するつもりもありませんから

私の実体験が情報を必要とする人へ届くよう好きなように書かせてくださいね

 

 

***コラムのいきさつ***

婦人科系だからこそネットに記載している人はとても少なかったです

少ない情報分母の中で、つつみ隠さず個人のブログで細かく書かれていた方の表記が

すごく重宝しました!全く解らない世界のイメージもついて安心できたし

手術を受けてよかったのか?その後の結果や気持ちはどうか?手術を一人で受けた方のページは

文面から勇気を持てましたし他の方ページ含め『情報を知って』選択がしやすくなりました

恩返しのためにバトンタッチの意味をこめて、自分の体験が役立てたら本当に嬉しいからまとめてみます♪

同じ病気の方、これからそうなってしまう方が早く解決して元気になりますように!

 

 

↓ ここからはじまります

 

 

 

 

 

 

 

 

後々で子バンビさんから聞いたはなし。

 

病室で待っていて看護師さんから

『手術おわりましたよ』と呼びにこられて

 

見送った手術室の前まで迎えにいったそうです。

(弟ケンケンと)

 

前のコラムで説明したように

手術室の、ひとつ手前にスペースがあって

 

子バンビさんたちが向かったときには

そのスペースにベッドがあって既に私はスタンバイ状態。

 

手術室の外側に人がいて、『名前いってください』と

受取人と手術した人が身内かどうか?

確認があったそうです。

 

名前をいって確認したら

私はうめいていて『痛い、痛い』って、わめいていたそうです。

 

この時点で記憶は残ってないけど騒いでいたそう。

 

廊下(通路)に出されて放置。

 

そのまま別室に呼ばれて子バンビさんたちは

担当医の若いY先生から説明を受けたそうです。

 

子バンビさんたちは、『え、廊下に放置していいんですか?』って

聞いたそうだけど、『大丈夫ですー』ってスルー

 

エンジェルYさんにも聞いてみたけど

『普通なかんじで、そんなもんですよー』とのこと。

 

ええええええ

 

ちなみに、スーパードクター(主治医)から術後の説明は受けなくて

代わりの人が(担当医)説明しますよ!というのは

1か月前くらいからちゃんと言われていたので納得。

 

やっぱり細かく事前に説明してくれてた方が

『何で?』ってならないよね。

 

1か月前くらいにスーパードクターが説明してたときも

何で言われたのか?不思議がっていたら

『手術後に何で知らない人が説明してるの?ってビックリされるとおもうから』と

丁寧に説明してくださって承諾した。

 

『僕じゃない人が説明するけどビックリしないでねー』とおっしゃってた。

 

麻酔科もそのくらい説明してほしかったなーというのは内情です。

 

だけど、ここまで細かく事前にいろいろ言ってくださるのは

本当に珍しいそうで、私が麻酔科に求めているハードルは高いのかも。

 

最終的には無事におわったから

有難いって感謝感謝だけれども

こうして細かい感情を書くことで、これから手術される方が

《麻酔科に質問できるキッカケ》となれば役立てる。

 

何を聞いていいか解らないもんね!

これから何が起きるのかも?よく解らないから聞いた方がいい。

 

話を戻して、前のコラムで書いたように

説明を受けながら、子バンビさんたちは

筋腫の現物をみて触らせてもらえたそうです。

 

手術が無事に進んだことや、全部録画してあること

おへそからいれるカメラの死角で取り除き忘れた物質があれば

致し方無いから責任追及無しで・・・みたいなことも言ってたそう。

 

あまり具体的には子バンビさんも再現できなくて

曖昧なままだけど

 

退院のときに、私が直接に担当医Y先生と話て説明をきいたときは

筋腫を取り出すのに、一苦労されて《手こずりました》みたいな話をされた。

 

計画どおり、すんなり出てこなかったそうです。

(それに対しては言葉を濁されたので、ひとドラマあったのかも)

 

出血量は結果きいてないんだけど、輸血は無し。

 

子バンビさんたちは、説明を聞き終えて

そして病室に一緒に戻ったそうで

 

その間も、痛いと喚いていたそうです( ノД`)シクシク…

 

病室にもどって、血圧が急に高くなったか?何か起きて

家族が外に出されて

 

先生たちが急に部屋に入って

子バンビさん曰く『救急24時』みたいな緊迫感だった。そう。

 

暫く《処置》というのをされて

落ち着きを取り戻して、『家族の方はいっていいですよ』と

再度、病室に入ることができたそうです。

 

何が起きたのか?未だに知りません。

 

エンジェルYさんは、『よくあることです』っておっしゃってたけど

運気の予測通り、ちょこまかと不具合が起きてたんだと理解してます。

 

後で聞いた話だと、子バンビさんも弟ケンケンも

超絶な心配で、見守られていました・・・と

看護師さんから伺った。

 

そりゃ、救急24時みたいになって

病室から締め出されて、投薬や先生が集まって処置したら

『え・・・』ってなるよね。

 

相変わらず『痛い』ってさわいでいたそうです(笑)

記憶は残ってないです。

 

そして記憶が戻っていたのは19時前くらいのこと。

薄っすら、痛いって喚いたのは覚えていて

 

看護師さんに『ほりえさーーーーん!今ね!、19時ですよおーーー』

という声はリアルに覚えていて

起こされた感じ。

 

こっからが大変。

とにかく痛い”!!

 

どこがって、全てが痛すぎて言葉にもならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

短いので掲載

 

【個室か大部屋か】

 

個室か大部屋にするかもネットでは賛否両論。

日数が伸びると大変な出費になるし。

悩むところです。

 

20年前のお産のときは大部屋にしたのを後悔した記憶があり

今回は個室がいいなと想ってたけど

 

予約はできないんですね!

そりゃそうか。

 

空いていたら・・・ということで個室希望について

えらい枚数の契約書をかかされた。

 

お値段はするけども国内旅行の予算を

個室に充てようと決心。

 

これは正解でした。

 

前向きに個室を悩まれている方は、

旅行や趣味の予算や貯金を

個室に回してでもオススメです。

 

『病は気から』って申しますし入院こそ

せめて明るく、気持ちは元気に過ごしたいもの。

 

気が滅入るのはどんなことも避けたいと思いました。

 

今回は運よく初日から退院まで個室を利用できてよかったです。

南向きのお部屋でとても明るくてビジネスホテルのスタンダードよりやや広め。

シャワーとトイレもついていて快適でした。

 

お部屋は朝焼けがとてもキレイで毎日みてました。

ずっと天気がよくて余計に元気も増します。

 

照明は蛍光灯と、オレンジ色のお家っぽい色にも変えれて

雰囲気もよかったです。

 

大部屋は表のドアが24時間空いている状態だったから

落ち着かなかったとおもいます。

ベッドの周りにカーテンがあって、1日中みなさん仕切られているので

昼間(南向き)でも薄暗くみえました。

 

今回の病気は手術後から動かないといけないので

大部屋だとどこかに歩きにいかないといけないし

個室でしたら部屋内で好きにあるけて融通ききました。

 

どこでも寝られる方は大丈夫かもですが

他人様と寝れないタイプなので・・・

気を使って気疲れしそうだし

トイレも億劫になって我慢しそうだなーと。

 

パソコンカチャカチャも出来なさそう・・・。

 

病院自体は気が悪くないので大丈夫でした

病室もそんなに気にならなかったけど

夜にふらっとご訪問があるようなので

お化けブロックに御家に飾ってある『黒曜石』

もってきてもらって軽減できたかな。

 

快適に過ごしてストレスをなるべく抑えて元気で

お家に帰りたいですもんね!

 

自分ご褒美に奮発して・・・個室おすすめです!

 

 

error: