【スーパードクター】

【スーパードクター】

 

今回ディープです(*^▽^*)

 

***読む前にご注意***

このコラムは同じ病気の方が読まれて勇気や元気になるため

手術を受ける方へのお役立ち情報のために記載します

またはこれから起こる方が、いつか検索ヒットして古くなった

情報になるかもしれませんが少しでも安心感が増えるように書きます

病気ごとで重たい文面にならないように気持ちが明るくなる意味を

込めて面白くおかしく表現します、自分本来の素のキャラで

発言しますから不快な方は読まれないでください。

また性的な表現が含まれます。

ナーバスなことだから明るく笑い飛ばしたい考えなので

『THE一般とはこうあるべき』みたいな方も読まれない方がいいと思います

内容は婦人科系の表現やディープな部分にも触れますから

『THE女性がこんなこと言うべきじゃない』の方も読まれない方がいいと思います(;^_^A

自分の記述なので出産して良かったことも遠慮なく書きます

『お子さんいらっしゃらない方への配慮がない』とかおっしゃる方もご遠慮ください

ご意見・感想は不要ですし、論争するつもりもありませんから

私の実体験が情報を必要とする人へ届くよう好きなように書かせてくださいね

 

 

***コラムのいきさつ***

婦人科系だからこそネットに記載している人はとても少なかったです

少ない情報分母の中で、つつみ隠さず個人のブログで細かく書かれていた方の表記が

すごく重宝しました!全く解らない世界のイメージもついて安心できたし

手術を受けてよかったのか?その後の結果や気持ちはどうか?手術を一人で受けた方のページは

文面から勇気を持てましたし他の方ページ含め『情報を知って』選択がしやすくなりました

恩返しのためにバトンタッチの意味をこめて、自分の体験が役立てたら本当に嬉しいからまとめてみます♪

同じ病気の方、これからそうなってしまう方が早く解決して元気になりますように!

 

 

↓ ここからはじまります

 

 

 

 

 

 

神の使いであるYさんにご紹介いただいた先生は

C病院の副院長という肩書があった。

 

ホームページの写真を拝見すると

だいぶご年配でしたし、肩書を持つと

現場とデスクワークも兼任だから、現場オンリーの先生がいいなーと

 

ホームページで婦人科系の先生を写真で探しました。

 

ピンときた婦人科主任部長の先生

 

ニュースのとこにはこんな表記が。

↓ ピンときた先生のこと。

 

++++++ホームページから抜粋

 

医師同士の評価によって決められる、「医師が選ぶ名医」“The Best Doctors in Japan 2018-2019”に、ベストドクターズ社から選出されました

ベストドクターズ社とは、現在70カ国で3,000万人以上の方々に医師紹介などのサービスを提供している企業。

++++++

 

お顔の雰囲気で合う合わないはもちろん、どんな方かわかる・・・

私、占い師だから(笑)

 

他の先生はピンとこなくて

タロットを引いてはみたけど

 

どの先生がいいのか?『この先生がいい』とハッキリでなかった。

どのようにタロットを引いても『流れに任せるまま』

 

この意味も、今となってはよくわかる。

 

実際、こちらのスーパードクター(主任部長)O先生は

主治医のままでしたが、手術の執刀医は別の人になったから。

(これは3か月後にわかった)

 

自分の直感を信じてO先生を受診しました!

 

笑顔が素敵なO先生

はじめましての扉をスライドしたときから好印象でした。

 

前のコラムでも書いたけど

何も聞いてなくても、逐一話を掘り下げて具体的に話してくださる。

 

MRIの画像をみて、今までの先生たち

@レディースクリニックの先生

@N病院の信頼できない女医さん

 

が、気付かなかったことをひたすら浮彫にしてくれた!

 

一つ目は、ミレーナ(最初の治療のページに書きました)は効き目がないこと。

 

こんなに筋腫が大きいものは位置が必ずずれるから

(子宮も筋腫につられて伸びる)ミレーナは効果なし。

 

二つ目

大きな筋腫の他に、子宮の内側に小さい筋腫がいくつもあり

それらの画像の位置まで丁寧に止めてみせてくださった。

 

そんなにいっぱいあるとは思わなかった。

知らなかったし。

 

三つ目

筋腫を取るより、子宮全摘手術の方がリスクが少ない。

出血量も少ない。

 

これにはビックリした。

 

もしかしたらN病院の信頼できない女医さんは

当日におなかが痛すぎてこんな説明しなくても解るとはしおったのかも。

(そんなワケないかw)

 

前のコラムに書き忘れたけど

 

失血死って?手術について・・・とか質問を続けたけど

既に次の人のカルテ見始めて『空気読んで出ろよ』という

オーラを出されて、回答してもらえなかった。

(H病院のの女医さんね↑)

 

そんな嫌な思いがあったから

そんな説明を聞いてもないのに、どんどんしてくださるO先生に

安心感が水分多めの雪のように降り積もった。

 

話を戻すと、子宮全摘手術だと

ヤクルト1本くらいの出血量なんですよ。

と、具体的にO先生が言ってくださった。

 

私の解釈で説明しなおすと

筋腫を全部取ると、顔のニキビにたとえたら

20個あるとして、1個ずつ切って縫っての繰り返しだと

どんどん出血しちゃうよね?

 

という雰囲気の話だった。

 

そして、他のコラムで書いたけど

@子供が欲しいなら1年猶予あるから不妊科すぐ紹介しますよ

@もし手術きめるなら11月はどうか?

@リュープリン注射ではなくもう少し副作用でにくいホルモン治療のすすめ

 

こちらの話をした。

初回にO先生を受診したのが9月下旬だったとおもう。

 

手術は子バンビさんが成人式で帰国するときに…と思っていたので

事情を説明して1月になった。

 

9月からホルモン治療して11月に手術するのが最短だったとおもうけど

11月は翌年の作成物が多いし沖縄出張もあったので仕事優先に。

 

何よりもネットで同じ手術受けた方の後々の日常が困難な様子だったので

一人で買い物いけないな・・・とおもい

子バンビさんの帰国後を1か月ほど居てもらうように頼んだ。

 

私の場合は他の人に比べて術後がとても順調に回復しているそうです。

出血がゼロなのは本当に助かるし、動ける。

 

まだ何が起こるか?解らないから3か月くらい経ってみないと総論はできない。

こんなに元気だけど、まだ痛み止めは服用しているし

チャリに乗ってはいけない。

 

便利な時代だから野菜もネットで届くし

Amazon使いまくって豆乳とか重いものも楽ちんでいいや

なんて想像はしてたけど、実際に子バンビさんに細かくスーパーで

買い物してもらって安上りで助かった。

 

こんなに動いて内側の縫い目は大丈夫なのか?

腹内に血がたまってないのか?心配だけど

次の検査受診でわかるから、あまり考えないようにしている。

 

もしこんなに回復してなかったら、

もっと子バンビさん居てくれてよかったになるし回復してなかったらゾッとする。

 

今のところは痛み止めのめば、たいがいの家事もこなせるし

困ることはあまりない。(買い物くらいかな)

 

退院翌日から普通に家事できました(*^▽^*)

痛みが効いている内は《え?手術したっけ?》くらいの感覚。

 

多分・・・いや絶対に恵まれているとおもう。

ありがたいです。

 

だけど痛み止めを減らすと倦怠感が増すので(痛いし)

なんだかんだで快調ではない。

 

もし周りの方同様に出血が続いていたら動くのつらかったかもしれない。

 

※家事は特に苦痛とかなくて久々の子バンビさんに美味しい料理をとか

子バンビさんも仕事してたりなので洗濯しとこーとか

ついついママ役が嬉しかったし、動ける自分が嬉しいですよね

動けないって気が滅入るし…病人みたいに自分で認識したくないw

 

子バンビさんがいるときに手術と療養するのを《保険》として考えたら

ホルモン治療をがっつり伸ばして

1月の子バンビさんが居てくれる時期に手術と療養の手助けの

選択は良かったとおもう。

 

ホルモン治療も成果が出ましたし♪

(別のページで書きますが、筋腫が半分以下に小さくなった)

 

ちなみに・・・

 

ネットでよく見る『筋腫10センチ超えアウト説』

 

筋腫が10センチ超えたら腹腔鏡手術できない…

と口を揃えて書かれている定説があって鵜呑みにしていた。

 

だけどスーパードクターだからなのか

『筋腫はね大きさじゃなくて位置の問題』

 

極端にいうと、10センチ以下でも位置が悪ければ腹腔鏡手術できず開腹

10センチ以上でも位置が大丈夫なら腹腔鏡手術できるとのこと。

 

行く病院で『できる・できない』とあると思うから

私の聞いた情報もスーパードクターO先生だけの情報になってしまうm(__)m

 

筋腫が8センチ超えて焦って手術きめたけど

(腹腔鏡手術できる内に切っておこう!みたいな)

 

もうちょい猶予あったんかい…と内心思ってみたり。

それは手術を先延ばしにしたいだけであって

結局のところここまで育つと切らないとだめ

というのも日常生活に支障がすでに出ていたから。

 

いろいろな先生の考え方ってあるとおもうけど

主治医も担当医もおっしゃってたのは

『日常生活に問題なければ(悪性とか他の兼ね合いも含めて)

手術しなくて経過観察でいいんですよ』

 

日常生活の支障っていうのも、我慢できるといえばできる。

(こういうのまだまだサムライだなと反省)

 

筋腫が見つかったのは日常生活の不具合で発見したから

既にそこでアウトラインだったんだとおもう。

1か月の内3分の2は出血を毎月繰り返してましたもんね。

 

発見から、かれこれ約2年でバタバタと手術に至ってしまった。

 

運がよかったら数年たっても成長しない筋腫もあったとおもう

もうチーズに大豆製品(エストロゲン)を気にせず食べれるから

手術してヤッホーいです(笑)

 

スーパードクターO先生のこと。

入院中の看護師さんたちの評判はとてもよかった。

 

このくらいのクラスの方は手術の前と後に病室に顔を出すって

あまりなさらないそうで、O先生は本当に来て下さった。

 

下記の担当医の研修医なのか?若手のY先生が手術の前の後も

説明や何もかもの応対をしていた。

その応対についても初めてO先生を受診した際に

説明を受けていて了承したので『なんで?』とはならなかった。

 

(手術の前後)

主治医→O先生

担当医→若手のY先生(男性)

 

(手術)

執刀医→S先生(ドクターX)女性

補佐→担当医のY先生

 

手術の日程が決まり12月に手術前の検査みたいな確認があった。

 

そこで言われたのが・・・

『手術は別の先生に引き継ぐから』という内容。

 

え??

どういうこと?

 

O先生しないの?

 

マジか・・・・

 

先生がおっしゃるのは

 

@癌患者さんや難しい手術が急に入ってしまうからそっちにかかってしまうから

@私の方のオペは最初と最後に必ず入り監修はしますから責任持ちます

(他の手術をしているときに抜けてきてくださるとのこと)

最初の判断はかならずO先生が下すとのことでした。

@腹腔鏡は途中で変わるより最初から最後まで同じ人がした方がいい

@手術日を先延ばしにしても命に急ぎのある手術がどんどん入るから待っても同じ

 

O先生は、すごくポジティブにどれらにも説明してくださるから

あまりいい風に言い過ぎられても『すごく説得されてる感』が否めない。

 

『このプランをお得に感じてね』と言わんとするかんじ。

(◎_◎;)

 

手術って何人かで組んでやるっていうのはなんとなく知っていたし

こんな風に事前に言わなくても、手術室内だから

患者サイドには解らないし知られなかったとおもう。

(主治医は変わらないのだから)

 

研修医受け入れ指定の病院だったから

O先生と新人研修医が一緒に入って

新人がオペしてO先生がしましたって言われても解らなかっただろう。

 

早い内から正直にお話してくださったO先生にものすごく親近感が湧いたけど

同時に、『ナゼーーーーーー?』と先生がオペしないのに悲しくなった。

 

手術表を見せられて、同時進行の手術の方は10時間コースだった・・・

かなり重い病気なんだとおもうし

O先生の技術は私よりもっとたくさんの人が必要としていてマッチするとおもう。

 

O先生も言葉を濁していたけど、

『病気の重い軽いがあっても平等に接するし責任を持つから、ね?ね?』って

説得されてしまい、(一人だったし)その日は承諾して帰った。

 

後日、エンジェルYさんにお話ししたら

『それは気持ちをちゃんと言うべきですよ』

 

Yさんが次の診察についていって一緒に陳情するとおっしゃったから

さすがにO先生にも事情あるわけだし、Yさんには気持ちだけいただいて

次もひとりで臨んだ。

 

O先生に、『O先生じゃないのはとても不安な気持ちが残る』

手術は別の先生で了承だけど、不安な気持ちは知ってほしいと陳情した。

 

そしたらO先生は上記の記載に加えてこのように説明くださった。

 

@執刀医になるS先生は腹腔鏡のスペシャリストで年間500件の症例をこなしている

@下手したら僕よりS先生の方が腹腔鏡が上手いかも

@腹腔鏡は誰でもできなくて難しい試験をクリアした人のみができる

 

執刀医になるS先生の出所、活躍ぶり、フルネームなど

検索できるようにいろいろ情報をいただいた。

(結局は知っても不安を煽りそうだから調べなかった)

 

やっぱりO先生の笑顔と、『僕が全責任なんで』と管轄のお約束で説得されてしまった。

再び(笑)

 

書き忘れたけど、O先生の携帯カバーが

BB8だったのでスターウォーズ大好きBambiにとってはビビビってきたし。

(神様のサインな気がして)

 

↑何でも困った時の神頼みになってますよね(笑)

 

じゃぁ、ここまできて他の病院?

どのドクターがいいの?ってなっても何もないから

 

これ以上高望みするのは良くないし、O先生であっても

手術の怖さや不安は無くならない。

 

冬の時点で仕事も忙しかったし、逐一タロットは引かなかった。

現実を見るのが怖いし、カードってちゃんと出るから。

 

だけど、一瞬だけS先生に変わったけど

その流れでいいのか?ってTAROTを引くと

 

『流れに委ねよ』とハッキリでた。

 

流れに合わせるのが幸運の鍵になり、事情が変わる可能性があるけど

導かれる方が結果オーライになるというメッセージがきた。

 

半年前のカードにも『流れに合わせる』とあったから

その一言だけを頼りに・・・TAROTを引かず

もうS先生の技術に任せることにした。

 

そして子バンビさんが帰国し、家族の同意を兼ねた

手術の説明会にはO先生がおっしゃるには

『手術の失敗より、血栓症リスクの方が怖い』とのことだった。

 

S先生は、意識があるうちにお会いしてないので

手術のとき(麻酔中)にしか対面していない。

 

入院中に長年勤める看護師さんに執刀医のS先生をきいたけど

病院に所属していない先生らしく、知らないとのこと

 

まさに『ドクターX』で派遣されたのか??

そうなればアタリの先生が来てくださったのかな?

下手くそな先生って外部から呼ばれないもんね?

 

 

今となっての『憶測』だけども

腹腔鏡手術の脂ののった技術者だったので

(脂ののったという表現はエンジェルYさんの言葉をお借りする)

私の巨大筋腫をクリアするために呼ばれたのか・・・

 

O先生は腹腔鏡手術じゃなく開腹手術で難しいオペが得意なのか・・・

 

退院直前に担当医の若いY先生の説明を受けてるときに

チラっと話してくれたのが

 

Y先生も執刀医で筋腫除去の手術は入るそうです。

でも、私の巨大筋腫を出すときは『苦戦しました』と言った。

 

Y先生が補佐に入って、他から年間500件をこなすドクタXが

派遣されてくるってほどの内容って・・・

手術の内容は大変だったのか???

 

 

Y先生しっかり文末を答えるタイプのしゃべり方なので

『おっ!』って私はピンときてしまった。

 

例えば『子宮頸部はきれいに切除できましたか?』と聞くと

Y先生『もちろんです』と言い切った。

 

それくらいハッキリ答えるY先生だから

苦戦っぽい言い方が入るってことは・・(ドキドキ)

察してしまった(苦笑)

 

 

話は逸れるけど

ヨーロッパでは子宮頸部を残して子宮全摘手術を行うと

ネットにあって、日本では子宮頸部を全部取り除く。

 

同じ病気になった方も気にしていた『性生活のその後』が

あまりにもNONイメージで情報が少なすぎ!

 

ヨーロッパでは

子宮頸部を残して『性生活』の気持ちよさを少しでも残したいから。

と記述があった。

 

え?子宮頸部取ったら気持ちよさは変わるのか??

 

これは同じ病気の方、これから手術する方

そしてこれから病気になってしまう方に絶対伝えたい。

 

O先生に、意を決して切除について聞いてみたんです。

 

B『子宮頸部も全部取り除くんですか?』

O先生『そうです』

   『日本の術式は必ず取ります』

B『ヨーロッパでは残すそうで・・・(説明)』

O先生『それね、技術の問題なんですよ』

B『ハテナ』

 

O先生の説明によると、ヨーロッパの技術では

子宮頸部をキレイに切り取る技術がなくて

出血しまくったり大変なことになるから

致し方無く子宮頸部を残して子宮全摘手術になってしまうそう

 

↑ このために『気持ちよさを残そう』みたいに大義名分としているんだって

いわゆる技術の隠蔽みたいな作戦ですね。

 

 

日本の技術はとてもすごいので子宮頸部をちゃんと

取り除くことができる。

 

子宮頸がんの心配もなくなるそう。

 

真面目に答えていただいたので

O先生に、その後の性生活の気持ちよさがどんくらい変わるのか?

聞けませんでした(笑)

スーパードクターに愚問だよね。

 

ネットで調べた情報では、頸部を取り払っても気持ちよさは変わらない。

子宮自体に神経はないらしいから、それよか脳がどう反応しているか?

の方が重要らしい。

 

私自身もまだ手術後なので試せずレポートできず申し訳ない。

 

※ちなみに手術後3か月が平均的な性生活解禁だけど

 この病院は半年に設定していた

 縫い目から腸が出てくる人があるようで手術された方はお気を付けあれ

 

手術する方はパートナーとしっかり話してた方がいいとおもう

 

愚問続きですが、笑いネタとして

私の場合、手術前に(当分できなくなるから)と懇願したら

『病気の人でまさにその場を手術する人に無理やわ~できひん』と

紳士な応対で優しくお断りされた(笑)

駄々っ子に絶対に負担をかけない愛情は感じました(´Д⊂ヽ

健康ファーストの考え方は1ミリもブレない方らしい。

 

弟のケンケンも爆笑していたけど、私の禁欲は修行僧のように続く。

 

若手Y先生に半年と聞いたときは心の中で『う”う”う”』とつらさの音が鳴った。

 

話を戻して、まとめますと

 

子宮頸部は取るのが普通だそう。

 

S先生は謎のドクターXであって、お会いしてないけど技術は最高だった模様。

手術後に出血は一滴もないので切ったところとかスゴ腕だったのではないか。

(Y先生に出血しないのは技術が高いから?と聞いたけど一概にそれだけではなく体質もあるとか)

 

若手Y先生が補佐役にまわるほど、私の筋腫は手こずるとO先生は見抜いていたとおもう。

 

S先生の執刀で予定より早めに手術終わったみたい。

 

手術の翌日にO先生は病室に来てくださって

大丈夫だったね、と確認してくださった。

 

ずっと担当医のY先生と毎日のチェックと薬確認や退院のチェックもしてもらった。

 

この一連の流れがTAROTが予測していた

『流れに合わせるのが最適』とあったけど、結果オーライで流れは

どれも良い方へ転んだのだとおもう。

 

奇跡といえば数日前の伊勢神宮の件に

エンジェルYさんとの出会い

それから、手術の一週間に『メンターMさん』から連絡が一年ぶりにありました。

 

一年くらい連絡とっていなくて

メンターMさんにも手術の件は話していなかったんです。

 

ホルモン治療のしんどいときや手術どうしようと悩んだときも

メンターMさんに相談しようかなっておもったけど

 

自分でなんとかしなきゃと思って、困ったときだけ連絡するんじゃなく

また良い知らせができるときにって連絡控えていたんですよね。

 

そしたら、メンターMさんがおっしゃったのは

たまたまラインのお友達の画面に指があたって

グルーーーーーーーってスクロール勝手にしはじめて

止まったところに『Bambiちゃんの項目が出たんよ』

 

怖くないですか!?

 

『元気しょうるかなーとおもって遅いあけおめ連絡したんよ』

と、メンターMさん。

 

起業して知り合って、ずっとつらいとき傍にいてもらって

泣いてるときはケーキを買ってきてくださったり

親身に話を聞いて下さり、支えてくださった方です。

 

手術の一週間前は強烈なストレスで

メンターMさんと奇跡の連絡が取れるってことは

『最後のご挨拶になるんじゃないか』とスーパーネガティブに発言しました(笑)

 

メンターMさんは、いつぞやの過去ブログでもご紹介したように

めちゃくちゃ運気が強いかたで人のご縁がとってもスペシャルな人。

 

メンターMさんがそのときもおっしゃったのは

『もう人生終わったと思う人が、お店から出てきて、お店の前を通りかかったMさんとばったり遭遇、話を聞いてあげて解決方やいろいろレクチャーして元気になる』

 

そうそう!!!

そうなんですよね。

 

かれこれ11年のMさんとのお付き合いですが

調子がいいときはスケジュールあわないんです。

 

大変なとき、ダメもとで連絡するとMさんの予定がキャンセルになってたりとか不思議でした。

非常事態のときにタイミングが合うMさん・・・

ライン画面が勝手にスクロールとか鳥肌ですよね。

 

メンターMさん『僕にね手術の一週間に連絡がつくってことはよほどラッキーなんだよ』

『Bambiちゃんはいっつも言うでしょ、僕に会ったあとは解決しました、ミラクル起こりましたって』

そうおっしゃったんです。

 

ついつい長話をして、前向きMさんの波動をしっかり受けて

『あー、なんだか手術が上手くいく気がするしなんとか大丈夫なのかも』と

想えるようにはなったけど・・・やっぱり手術前のストレスは強烈パンチでしたw

 

 

The Rose – Bette Midler (歌詞字幕)English & Japanese Lyrics

 

メンターMさんから数日後(手術の直前)にラインで↑ このYouTubeが届きました。

 

『この前の電話の後にピンと来たので歌のプレゼント』

『不安だろうけど、素敵な縁に感謝して楽に行こう!』

とメッセージをくださいました。

 

なんでこんなに不安を???

そのストレスのひとつにTAROTが『手術の不具合』を示していたから・・・

この話は別ページで。

 

プノンペンのMさんからエンジェルYさんに、メンターMさん鬼に金棒のうえ

スーパードクターのO先生にドクターXのS先生、

ひとつひとつの繋がりに感謝していますし

数々の登場人物の先生がたにもありがたくおもっています。

周りの友達たちや子バンビさんに弟ケンケン、パートナー

大切なひとたちの支えがあっての『奇跡』がポンと起こる。

 

改めて、このページのタイトルでもあるスーパードクターに巡り合えたこと

何よりも『安心感』をもたらせてくれたO先生に出会えてよかったです。

 

人との出会いって人生を変える。

 

error: